photo


TEKKO
Guitar,Vocal


MOTTO
Drums


ARA
Bass,Chorus



 東京を中心に活動するTEKKO(Vocal、Guitar),MOTTO(Drums、Cymbals)とARA(Bass、Chorus)からなる3ピースバンド。70年代90年代のハードロック、パンクに影響を受けた激しく骨太なサウンドとライブが特徴。 2002年頃から徐々に活動開始。

 2005年に一般公募でフジロックフェス ルーキーステージに出場。2006年、調子に乗ってサマーソニックのオーディションに応募するが最終選考であえなく敗退。

 2007年4月に秋間経夫氏のプロデュースで1st ミニアルバム"MAKE YOUR HEAD DOWN"をredrecからリリース。7月に初のワンマンライブを新宿redclothにて行うが、年末にベーシストが脱退。2008年2月、前年に既に完成していた2ndミニアルバム"TOKYO TOWN BOYS BLUES"をredrecからリリース。サポートベースでリリースツアー、The DUST'N'BONEZの前座を務める。以降メンバーは定まらず活動。

 2009年8月、現在のベーシストARAが加入し。2010年8月現メンバーで初の音源となる3rdミニアルバム"electrocute"をSplatter Recordsからリリース。2011年5月21日には2度目のワンマンを新宿redclothで行う。

 2012年6月、配信限定シングルAWAKEをredrecよりリリース、11月AWAKEツアーファイナルを渋谷CYCLONEにてTEXASSTYLEと共同で行う